一般書籍

殺人の門
東野 圭吾

相変わらずの筆力で、ぐいぐい読まされるんですが、
激しく同属嫌悪を催す登場人物のせいで軽く鬱りました。

物語としては文句無しに面白かったです。
同じダメ系

映画・テレビ, 一般書籍

「白夜行」セカチューコンビでドラマ化(日刊スポーツ)

白夜行
東野 圭吾

今まで読んだ氏の作品の中で、群を抜いて惚れ込んでいる本作。
どこに惚れ込んでいるかって、「ストーリー構成」と「