【妻ネタ】「粗品に体重計ってどうよ?」の巻

同居を開始して数日経ったある日。
まだまだいっぱいのダンボールに囲まれて、
片付けに精を出していた時分の話でございます。

片付けの最中、ふと部屋の隅に目をやると、
引っ越しを手伝って下さった某人から頂いた
体重計が壁に立ててあることに気付きました。

そうそう「持ってない」って言ったらくれたんやっけ。
自分の部屋から妻さんに声をかけます。

私:「あのさー、体重計って持ってたっけ?」

妻:「あ!(物凄く嬉しそうな声) 持ってるんやけど、
   貰いもんであんまり気に入ってないんやんかー。
   そっちでいいのあったらそれ使いたい」

私:「こっちのもなんかの粗品で貰ったやつらしいから
   あんま可愛いのちゃうでー?青×白チェックの

妻:「粗品…?青と白のチェック…?」

私:「うん」

妻:「もしかして…ちょっと見して」

トテトテと妻さんの部屋へ体重計を持っていく私。

妻&私「――げっ!!(絶句)」

ま っ た く い っ し ょ ! ! !

ちょっ、、
入手ルートは全く関係のないところからやのに、
なにこの必然

妻さんは気に入ってないこの体重計ですが、
わざわざ買い直してまで欲しいもんじゃないので、
私の貰った新しいほうを使うことにしました。

妻さんのはメーターのガラス部分が割れてるし。

粗品の体重計

ちゃちゃりんち遊びに行った時に歯磨き粉の逸話
と合わせてこの話をしたら、

「ちょ、なんでそんな楽しいこといっぱい起こってんの?!」

とちょー羨ましがられた。

余談。
○下電機さんのなんかの会の粗品だったらしい。
面識のない二人が同じ会に出てたとかやったら
もう笑うしかない。いや、実は二人は知り合いで…
とかのほうが笑える。今度確認せねば。

余談 其の弐。
このエントリ書いてる途中で、洗面所から妻さんの
奇声がして、見に行ったならばこんな状態に。

勝手に増える体重計

勝手に増えすぎ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください