【妻ネタ】「それは違うと思う」の巻

妻さん天然である。
本人に言うと眉をひそめ、首をかしげて「えー?」
どうにも納得できないといったご様子ですが、

それこそほんまもんの印なのである。

忘れもしない同居初日の5月29日の土曜日。

ガスの開栓がまだだったので、旧居に戻り、
ひとっ風呂浴びて帰ってきた私。
時刻は22時。

妻:「おかえりー」

私:「ただいま」

妻:「歯磨き粉借りたでー」

私:「うん?」

おかしいな、私がさっき探した時なかってんけどな。
見つかったんかなーと思いつつ、
洗面台の棚を確認しに行く。

―ないような?

私:「歯磨き粉、どこにあったー?」

トテトテと洗面所にやってくる妻さん。

妻:「これ」

私:「え」

これ?

ドクターシーラボクレンジング

妻:「うん」

私:「変じゃなかった?」

妻:「え?」

私:「これ…化粧落とし……」

妻:「え?!え?!(錯乱)」

私:「クレンジングジェルって書いてあるやん…」

クレンジングジェル

妻:「だってクレンジングって書いてたから!歯のクレンジングかと!」

私:「いや、クレンジングっつったら日本では普通、化粧落としやろ。
   あなたはいったいどこの人…」

そこまで確認しておいてなおかつ気付かないのか。
クオリティタカス。

妻:「だって!だって!こんなんに入ってるから!」

紛らわしい

確かに歯ブラシを立てかけるための入れもんやけどさ。

ポンプ式の歯磨き粉て。

ジェル状の歯磨き粉て。

ていうか。せめて、

口に入れた時点で気付いてくれ。

磨ききったらしい。

余談。
これのせいかは不明ですが、翌日、声がかれまくりの妻さんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.