今北産業 皐月編

え、3行ちゃうやん? ってそんなの無理に決まってるじゃないですか。

2011/5/18 にワーホリビザで渡加し、ウィニペグ入りしましたが、ブログ全然書く時間取れなくて。でも記録はつけておきたいので、ほんとに書きたいところは全部省略のダイジェスト日記です。ツイッタ見てくれてる人には今更なことしか書いてません。

5/18 バンクーバー経由でウィニペグ入り
バンクーバー空港で「今夜セックスどう?」と白人のおっさんに話しかけられる。「あたし英語わかりませーん」て顔で小首を傾げてたら「俺とセックスできないなんてかわいそうなやつ」とかなんとかぶつくさ言いながら去っていった。
ウィニペグからタクシーでホステルに向かう。
ホステルで「I have a reservation under KAINE.」やたー言えたよー!! って誇らしげに返事を待ってたら「え、名前ないけど」 マジで。超焦る。ここもネタなんだけど、とりあえずのダイジェストなので省略。なんやあってとりあえず部屋には通してもらえた。その後もペンダントトップ洗面所のシンクに落としてしまって配管工呼んでもらう羽目になるなど、初日からめちゃくちゃ英語をしゃべらねばならなかった。

同室の人:カナダ人(トロント)のキャリー

5/19
近場をウロウロのちネットで部屋探し。
夕方にコリアン女子大生二人組みが来た。二十歳だって。夜に「何歳?」って聞かれて時計見たら0時回ってたので「たった今32になった」って言ったら「お祝いしよう!」って一回のパブでビールおごってくれた。異国の地で来て二日目で素敵な誕生日を迎えられました。1人は9月からウィニペグ大学に編入するそうだからまた会う予定。

同室の人:コリアン女子大生スヒョンとユージン・カナダ人(モントリオール)ジェーン

5/20
配管工がやっときてくれてペンダントトップ救出。めちゃ気さくなおっちゃんやった。
部屋探し。メールで応募したのがチラホラ返事来る。ひとつとても感じがいいのがあってさっそく電話! と言いたいところだがなかなか電話する勇気が湧かずとりあえずセブンイレブンで Speakout っていうプリペイド携帯買って来た。50ドル分の通話料付きで88ドル。びくびくしながらも電話してなんとか見学までこぎつけた。しかし、来週の火曜日(‘A`)。来週もホステル生活だなー。

同室の人:カナダ人(モントリオール)ジェーン

5/21
部屋探ししつつ、USTのアニソン祭りに参加。なにやってんだw
夕方にやってきたリンジーと1階のカフェでごはん。ベジタリアンなんだって。これからサスカチュワンの巨大な地下で研修って言ってたが、私の拙い英語力では何の仕事なんかさっぱり分からんかった。エンジニアになるとは言ってたけど(後でfacebookで確認したらプロフィールにクイーンズ大学って書いてあった! 頭良いんだろうなとは思ってたけど、良いにもほどがある)。超親切な子でした。またしても「Welcome to Canada!」っておごってもらった。19歳に。
初チャイナタウン。アジアンフードが思ってたよりも安く手に入ることが分かって嬉しい。
部屋に戻ると新しい人がいた。イギリス人のクレア。ライフセーバーなんだって。明日マニトバミュージアムに一緒に行こうって誘ってもらった。

同室の人:カナダ人(モントリオール)ジェーン、カナダ人(トロント)リンジー、イギリス人のクレア

5/22
リンジー見送ってからマニトバミュージアム。一言で言うなら広い! 体調不良だったんで、もう一度行きたい。お昼はチャイナタウンの中華料理屋でとったんだけど、クレアの口にはあまり合わなかったようで悪いことした……。
ジェーンはこの日で去っていった。常に部屋にいなかったので挨拶くらいしかしてないw

同室の人:カナダ人(モントリオール)ジェーン、イギリス人のクレア

5/23
クレアとウィニペグの観光地のひとつであるForksに行った後、VIA鉄道の Union Station 寄り道してホステルに帰還。寒くて死にそうだった。

5/24
あまりにも寒いので上着を買いに出かける。もう暖かくなるばかりで、冬物は秋口に現地で調達すればいいやと持ってこなかったんだ。無駄な出費が痛い。クレアは図書館へ。私は部屋の見学へ。初バスにドキドキ。ここでもまたネタが。しかし省略。無事に到着。ウェンディみたいな巨大なおかんが出てくるのかと思いきや、標準体型(カナダ人)のハイソな感じの奥様が現れる。マニトバ大学の事務職員さんなんだって。今までもインターナショナルスチューデントの受け入れをずっとやってるらしい。部屋はベースメントだけど、1/3くらい地上に出ててでっかい窓があり、採光は悪くなさそう。お風呂がバスタブなしのシャワーブースということを除き、気に入った。「何質問ある?」って聞かれて「いつから入れますか?」って返したら表情が曇るw 部屋が空くのが7月かららしい。ホステルに1ヶ月滞在するのは厳しいのうwwwって顔したらリビングでもよければ家賃半額で住まわせてあげられるけど、どう? とのご提案。とりあえず明日電話するということでバス停まで送ってもらった。

同室の人:イギリス人のクレア

5/25
クレアを見送ってからだらだらネットサーフィン。部屋はもう昨日行ったとこで決めるつもりだった。他を見ないで決めるのもどうかと思ったけど、大家さんよさげな人やったし、前にいた日本人が8年住んで、今は大阪で働いていて、年は私のひとつ上って聞いて親近感持ったのが決め手。文化の違いあれど、日本人が8年住める環境なら大丈夫だろってさ。またびくびくしながら電話。引っ越しは27日。今週一杯ホステルだな。フランス人がきた。

同室の人:フランス人(名前忘れちゃった)

5/26
部屋決まったのでのんびりネットしたりその辺散策したり。

5/27
15時チェックアウトなのでホステルの共用スペースでネットしながら時間つぶし。17時過ぎにフロントでタクシー呼んでもらって移動。チップ渡しすぎて後悔w ルームメイト(中国人大学生4人)紹介して貰ってリビングで荷解き。住所が定まったので在留届をネットで出す

5/28
大家さんに車でスーパーに連れてってもらう。色々買い込む。ホステルも楽しかったけど、落ち着いて食事&ネットができる環境最高! 「これからどうするの?」って聞かれて「仕事探すつもりだけど、自分の英語力が思ってたよりも相当ひどいので短期間だけ学校に行こうかと。行くつもりなかったんで、全然調べてないんですが、近くにありますか?」って聞いたら「マニトバ大学にあるよ!」って言われて紹介して貰うことになった。帰宅後調べたら最短1ヶ月から通えるらしい。1ヶ月1300ドル。痛いけど、知り合いもいないこの地でコネ作りのためにも行っておくかと決断。

5/29
ネットで情報収集。夕食にお呼ばれした。バーベキューうまかた。

5/30
TD Canada Trust で銀行口座開設

5/31
大学に連れてってもらう。インターナショナルスチューデント担当の人とあれこれ話す。とりあえずデポジット分だけクレジットカードで支払う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。