独り言

先日、髪切りに行った時に前髪を作って貰ったんですが、
生え癖でどうしても真ん中で分かれちゃって、
ちゅるやさんみたいになってまう。

ちゅるやさん

判ってる、解ってる。
こうなることは最初から分かってるんだ。
だから私は前髪を作らないんだ、いつも。

なのに、
時々何かが変わってるかもしれないって
期待して切っちゃうんだなぁもう。
んで、あーあ、やっぱりなで終わる。
もう前髪なんて作らねーって数年は思う。

悪くはないんですよ、今の美容師さん相当オキニで
今まで前髪作った中で一番しっくりきてるし、
気に入ってるんですが、やっぱパッツン前髪に
憧れる者としては毎回ガックシしてまうんです。

縮毛矯正しても分かれちゃうから無理なんよなぁ。
あー市松人形みたいな髪型になりたい。

日常

髪を切って 2 ヶ月ちょい。
もうすっかり自分も周りもショートの
私に違和感を持たなくなってきた、





未だに!
未だによ?

上司に私だと気付いてもらえませんっ!

すでに 3 回くらいすれ違ってるのに、
目も合ってるのに、
会釈してるのに、

うおおおおおおおおおお!
そないに判りませんか、ワタクシ!

確かに事務方とは毎日顔を合わせるけど、
直属の上司とはたまにしか会わなかったり、

するんやけど!

それにしたってそろそろ気付いてください。

「私、○○長に気付いて貰えないんです……」

と事務室で告白したら大爆笑された。うう。

日常, 写真・画像

7/6(土) 散髪にいった。
早く書きたくて書きたくてしょうがなかってんけど、
身近な人には実際に見て驚いて貰おうと黙っていた私。
もうあらかた脅かし終わったから公開するのでーす。

この前書いた“運命の人”のとこです。

「久しぶりですねー伸びましたねー」

といつもの挨拶で迎えられる。
前に切ったの 2/4 やった。

「今日は一大決心をしてきました」
「なになに」
「ショートカットにしようと思って」
「それはすごいな! ほんまにいいの?」
「気が変わらんように職場の人にも宣言してきましたから!」
「セミロングって選択肢はなかったの(;´Д`)」
「もう後は伸ばすだけやから記念に短くしたろかなって」
「ショートカットって実は結構いろいろあるんよ~どんなんにする?」
「小学校 2 年生ぶりなんで全く想像つきません。お任せします」
「うーん、前下がりのショートにしようかな……」
「お任せで!」
「え、前髪も作っていいの?」
「任せます。文句言いません」

「ほんまにいいの?」を 3 回経て、こんなんになりました。

使用前使用後

大人になってから、はじめて~のショート♪
君とショート♪(感電?!)
I will give you all my love (my love)

えー、こほん。
歌いだすと一区切りつくまで止まれません。

私がこんなんになるかな~って思ってた+α
で仕上げてくれました! セットが超ラク!
こんなにもコシのない髪やのに、濡れてる時も
ぺちゃんこにならんの。どういうマジックだ?!
切ったその日より翌日以降のほうがいい感じ
なんてあり得ないよ。さすが私の運命の人。

余所でお任せ言うたらこんな風にされた気がする。
好みでいうと↑のほうがいいんやけど、
猫毛かつ癖毛の私には無理な髪型なんよね……。
長ければ重みで多少真っ直ぐになるけど、
ショートでストレート感のある髪型は無理。

あああああ、ほんとに私の髪質をここまで理解して、
最大限に活かして切ってくれる人は初めてですよ!
前も思ったけど、今回のお任せカットで更に決意が
固まった。あなた様に一生ついてゆきます。

しかし、あまりにもうまいこと切ってくれたもんやから、
(垢抜けないモサ頭から急にヲサレ系になってもたから)
友人知人にも軒並み好評でちょっと複雑な気分に。
吃驚させるのが主旨だったので、お世辞でも褒められると
もんのすごおーく、照れ臭い……。
ワタクシ、踏まれて育つタイプなんで褒められ弱いんス。
どう反応していいか判らん。

音楽, 独り言

計画があったんだ。

16 日のライブ、中止になってなければ当日の朝に

金髪にしようと思ってたんだ。

Skid Row でパツキン振り乱してヘドバンしたいがためだけに!

ほんで、翌日の日曜日に青っぽい黒に染めて、
前髪作ってパーマかけようと思ってたんだ。
(さすがにパツキンで出勤する勇気はない!)

金髪にしたらすでに痛んでる髪が更に痛みまくるやろう
から切るつもりでついでに冒険してみようと思ったんだ。

ほんで、飽きたら(痛んだ髪に耐えられなくなったら)
ショートカットにするつもりだったんだ。

短くするのは不本意だが、それよりも痛んだ髪を
ばっさりやって綺麗な黒長髪を取り戻したいんだ!

夏だし、時期的にもちょうどいいなぁと思ってたのに
すごいタイミング逃してしまった。よよよよ。

2 年後には今の長さ(ウエスト辺り)まで戻したいので、
ばっさりやるならそろそろ決断せねばならんねんけど、
ライブでパツキンロングも捨てがたい。
それにどうせ切るなら遊んでから切りたい。
でも前髪切るのやっぱもったいない。

なーやーむー!

日常

これだけ読んでも内容把握できますが、前フリが気になる人はこっちからどぞ。

こっちに越してから行きだした美容院。
ネットで見つけたんだけど、プロフィールのトコに
「楽なスタイルにしたい人ぜひどうぞ」と書いてあって
「この人に決め」とさっそく指名で予約を入れた次第。

1 回目は「まぁ悪くないな」という感じやってんけど、
2 回目、 3 回目と回を重ねるごとに、あら不思議、
まとまりがよくなっていったのです。すてき~。

切ってる時にあんまりしゃべりかけてこないし、
セットを頼んだら

「僕、アップ苦手なんで○○さんに頼みましょう」

って上手い人に振ってくれるし、控えめなところもイイ。
(普通自分の点数になるから担当は譲らんよね?)

先日、4 回目のカットに行ってきたわけですが、
「いつもどおりで」と言えるのが嬉しい。
4 回も連続で同じ美容院に来たのは小学生の時以来だよ。ふふ。

しかし「いつもどおり」だと長さはあんまり変えないから
切るところがあんまないのね、揃えるだけ。
それだけだとプロとしてのプライドが許さんのか、
こっちが頼んでないとこまでちょこちょこ手を入れてくれる。
今までのトコなら「言われたこと以外すんなぁぁぁ」って
なってるとこやけど、この人の仕事はいいのだ。
なのでされるがまま。

見た目的にはそんな変わってないんだけど、
私にだけ判るこの良さ(・∀・)イイ!!

今回は「右サイドがハネるんです」って言ってみたら
見事にハネなくしてくれたー!

↓これ、ドライヤーで適当に乾かして梳かして寝て、
 朝ブラシで梳いただけの状態(精神的ブラクラ注意)。

日常

私の髪はねこっ毛でコシがなくてちょいくせ毛で量が多い。
昔、とある事情で 1 回だけパーマかけたことあるんやけど、
1 日で取れた。その店が下手やっただけかもしれんけどさー。
痛んだ髪を見て泣いたさ。貧乏パーマ(三つ編みパーマ)も
持たないし、かといって真っ直ぐにもならん。
梳いてすぐの髪はフワサラで自分でも気に入ってるんやけど、
そんな状態は無風かつ頭を動かさない間だけしか保てない。
細いから擦れてすぐ絡まる。絡まったとこを梳かすんだけど、
どんなに丁寧に扱っても絡まる頻度が高すぎるので、
どーしても内側の髪だけ痛んで同時多発切れ毛・枝毛に。
スポーツなんかした後にゃ絡まりまくって井草みたいになっとる。

どうにかしてラクかつ小奇麗に見える髪型にしたい。
長年の私の夢である。

ちなみに今までの髪型遍歴はこんなん。

★幼少期
ロングヘアーの幼馴染に憧れて伸ばしたかったが、まいど母上に
「揃えるだけやから」と騙されてはショートカットにされていた。
妹なんぞ一度スポーツ刈りにされて登校拒否児になった。
「絶対短いほうが似合うから!」という理由で押し通されていたけど、
九分九厘、シャンプー代を浮かせたかっただけに違いない。

★小学校低学年時代
やっと伸びてきた。肩甲骨くらい。前髪なし。

★小学校高学年時代
「短いほうがかわいいのに……ぶつぶつぶつ……」
時折聞こえる母上の恨み言にも負けず腰まで伸ばした。
前髪に憧れて作るもしっくりこない。
同級生みたいな真っ直ぐサラサラのストレートロングに
するにはどうすればいいのか思案の日々。
※ この時はまだ、人間は平等で(体質すら)努力で変えれぬ
  モノはないと思っていた。今思うと結構あぶない子。

★中学生時代
自分がくせ毛でストレートパーマ以外に真っ直ぐにする道は
ないと知る(遅い)。
前髪の量を減らしてみた。ポニーテールか婆くくりで過ごす。

★高校時代
3 年の時に同級生にそそのかされ(?)おかっぱにしてしまう。
(よって卒業アルバムはおかっぱだ……一生の不覚)

★それ以降
小型二輪の免許を取得。どこへ行くのもバイクという生活。
ヘルメットを被ると前髪がぺちゃんこになるのが悲しくて
再び前髪を伸ばしだした。
前髪が伸びると「なんてラクなんだ!」と感動した。
後ろは腰より長くすると「ラク」でなくなってしまうので、
それより長くなったり、痛んできたら切りにいく。

これで「ラク」は達成できたんだが「小奇麗」がまだ。
なんとなならんのかーと思いつつ自分で考えるのは
めんどくさいのでこう注文して切って貰うことにした。

「長さは保ったまま、ブローなし、ドライヤーで
 適当に乾かしてまとまる髪型にしてください」

切り抜きなんて持っていっても無駄だ。
髪質が違うから同じようにならないことがほとんどだし、
なったとしても翌日から自分でセットするなど時間的に無理。
(早起きできない人なんで)

この条件を満たしてくれる美容師さんを求め、
毎度さすらってたんだが、ついに、ついに
終わりを告げる時がきた。

つづく。

独り言

頭ボサボサ。

あー前に切ったのって3月やから……
まだ半年しか経ってないやん。
やっぱレイヤー入れるんじゃなかったなー。

段のとこが伸びてきて後頭部辺りが
こんもりモワモワになってきた。

ボッサボッサ

それにウネリまくり。アホ毛でまくり。
ヘイヘイホー。

ストレートでうねらない髪質やったら
市松人形みたいな髪型にするのになぁ。

そしたら

国籍間違われることもなくなるやろ。

たぶん。いや絶対。

あーストレートになりてえ。

独り言

東京日記も書きたいし、他にもネタ大量にあるんやけど、
やらんといかんことがいっぱいあってなかなか書けません。
「忙しい」ってわざわざ言うのは好きじゃないんやけど、、
ちょっと許して。しばらく小ネタしか書けないかと。。

髪を切って2週間ほど過ぎたのですが、今の髪型なかなか好評。
気付かない人はぜんぜん気付かんのだけどね。がしかし、
私的にそんなことはどうでもよくて、何が言いたいかって、
この髪型、前よりラク!今までレイヤーやシャギー入れると
跳ねちゃってめんどくさいかなと思って、ぱっつんな髪型に
してたんやけど(髪の量多いから多少すいて貰ってたけど)、
今回、かなりハサミ入ってるのに、ものすごい手入れラク。
切った当日は「これ頭洗ったらボッサボサになるんやろな…」
と少し後悔気味やったけど、なんのなんの。
自然乾燥でもまとまっちゃうのだ!すてき。

あのおにーちゃんの技術に乾杯。
切ってる最中も不必要にしゃべりかけてこないし、
(寝たフリしててもしゃべりかけてくるヤツとかいるからな)
これから通わせて貰おう。脱・美容院ジプシー。

まぁしかし、次に行くのは早くても半年後ですがな…。

日常

いや、美容院にいってきたよって話です。
指切断とかじゃないです。

1年ほど放置していたのですが、毛先の傷みが
著しいので、久々に思い切って切りました。

ほんで、土曜日ちえぷに会った時、

「どしたん、普通の女の子にみえるで?!

とびっくりされました。
失礼すぎます!遠目で見て、

あのシルエットはかいねちゃんじゃない、
かいねちゃんはもっとインディアンみたいや。

と思ったらしい。そんなに変わったかなぁ?
ていうかインディアンて姐さん。
ちえぷは素朴な笑顔で素敵な言葉をよく吐きやがります。
それは大抵、的を射ている上に表現がおもしろいので、
必要以上に悔しさがこみ上げてきます。

あれは…数年前…ハジャイの浜辺でのんびりしていた時でした。
何を思い立ったのか、はたまた何に思い当たったのか、ちえぷは。

「かいねちゃんは…どこでまとめて歳とったんやろな」

としみじみつぶやきました。
しかもこの発言を覚えていない!!
今でもことあるごとにしつこいくらい思い出させようと
してるんですが、思い出してくれません。('A`)ヒロシです…