京極夏彦「死ねばいいのに」★★★☆☆

iPhone 版で読了。
読み終わってレビュー検索したらかなり評価よかったので驚く。
面白くなかったのかって言われると
「いや面白かったよ」って返すけど、
なんだろ、3人目くらいでオチは読めたけど、
オチはあれで納得やねんけど……。

「死ねばいいのに」の一言で憑き物落としになってるところが
時代設定が現代でもさすがの京極節といった感じでいいんやけど、
その台詞に持っていくまでが無理やりすぎやしないか。。
それぞれが抱いている不平不満って確かに現代にありがちな
中身やけど、それでも極端すぎるというか。。
リアリティに欠ける気がした。

登場人物でリアリティ感じたのは、
主人公の健也と亜佐美と弁護士の五条さん。

あ、もしかしたら共感できる部分があるかないかってだけかもしれん。

犯行動機が強引ってよく言われてるけど、
京極夏彦の書く動機って個人的には納得できるんよね。

誰から見ても不幸なんだけど、本人不幸じゃないってのはあるし、
正直に言っても信じて貰えないこともいっぱいあるし。
ものすごくシンプルな考え方してるんだけど、
誰も信じてくれないから正直に言うの嫌になったりもするんよね。
なんでみんな難しく考えたがるんだろうな。

京極夏彦に興味あるけど、あのブロック本を見ると退いてしまう
アナタに最初の一冊としてオススメします。

iPhone だと重くないから通勤時でも読める。
京極堂シリーズも電子書籍で出してほしいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください