酒と泪と胃液と胆汁

2007/07/13

二日酔い死亡。
昨日はほとんど仕事できませんでした。
ほけんしつでよこにならせてもらいました。
ほけんのせんせいにはうそつけないので
「お恥ずかしながら昨日飲みすぎまして……」
としょうじきにこくはくしました。
「社会人失格でちょっと凹んでます」
「勧められたりして断れない時もありますもんね」
せんせい、ちょーやさしくて泣けました。

でも自主的に呑んで呑みすぎたんです。

ごめんなさいごめんなさい。

もう胃液と胆汁しか出てきやしません。

なんで私は初対面の女の子がいると
あーも張り切ってしまうのか。
某人が酒飲めない子にダバダバつぐからさ!
某人が席立った時に代わりに飲んであげたりとかさ!
なんのメリットもないのになんでそんな頑張るの私!
18 時半から 0 時過ぎまで 3 軒はしごで呑みっぱぁ!
寿司屋で落ちた。

「さくらちゃんが潰れるって珍しいねえ」

ママの物珍しそうな視線を感じつつも頭上げられん!
しかもまた“さくら”って言われてるよー!
訂正する元気もない。
帰る頃には枕にしていたカバンの跡がしっかりと顔に。
気にする余裕もない。

1 時に寿司屋を出て、さすがに罪悪感があったのか
珍しく某人がタクで家まで送ってくれた。

家に帰ってお茶ガバ飲みしたけど無理でした orz
翌日の 19 時半くらいにようやくうどんが食べられました。

酒なんてタバコと一緒にこの世から消えてなくなればいい。
みんなもそうおもうよね。ね。