アイマス アニメ版

本当は面白い「アイドルマスター XENOGLOSSIA」 – ちゆ12歳

 芸能事務所のプロデューサーになってアイドルを育てるゲーム「アイドルマスター」が、昨年、テレビアニメ化されました。

 当然、「アイドル伝説えり子」みたいな芸能界サクセスストーリーになるかと思いきや、アニメの制作者は、「ガンダムやイデオンに憧れてサンライズに入社した僕としては、巨大ロボットという伝家の宝刀をこの大きな企画で出したかった」などと、訳の分からない発言。

 その結果、ゲームでは単なるアイドルだった春香ちゃんが、アニメでは身長30メートルの巨大ロボット「インベル」に乗って戦うことになりました。
 これにはAmazonのレビューなどでも、「ここまで支えて応援してきたファンを裏切り見捨てた」「(ファンにとって)これほど屈辱的な作品はない」といった声が多いです。

 そんなわけで、最初の一歩で致命的に足を踏み外しているテレビ版「アイマス」ですが、これを実際に見てみると、作品自体のクオリティは大変高く、それでいて実は二歩目も踏み外しており、三歩目以降は空中を歩いているのが分かります。

 そこで今日は、テレビ版「アイマス」がどんな内容だったのか、ネタバレ全開で簡単にご紹介したいと思います。

アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)
アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)

やヴぁい、見たくなってきたwww

それにしても、「アイドル伝説えり子」懐かしすぎる!
「ようこそようこ」なんてのもあったなぁ。

「ようこの“よう”は太陽の“陽”です、ハイ!(´ワ`*)」

YouTube – Idol Tenshi Youkoso Yoko Opening
今見るとまんま“ちびうさ”やな、これw

YouTube – アイドル伝説えり子OP(田村英里子) – 「涙の半分」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。