東野圭吾「殺人の門」★★★★☆

殺人の門
殺人の門
東野 圭吾

相変わらずの筆力で、ぐいぐい読まされるんですが、
激しく同属嫌悪を催す登場人物のせいで軽く鬱りました。

物語としては文句無しに面白かったです。
同じダメ系の主人公「トキオ」はイマイチだったのに
これはおかわりイケる。救えねえから。

「白夜行」と「悪意」を足して2で割ったようなテイスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください