ごんた

前半

一次会の居酒屋が 2 時までだったんで
二次会会場を探して心斎橋を徘徊。

足が痛くてもう歩けない状態だった私は
ついにサンダルを脱ぎ捨て裸足でアスファルトを歩き出す。
えりさちゃんとタキュンが酔っ払いを気遣って

「足元気をつけてよ!!」

「あーいけるいける大丈夫(無根拠)」

あーラク。
すんげーラク。

この辺までくればどこぞ開いてるんだが、
ふと思い出したお店のマスターに電話。

前日練習後に行きかけたんだけど、
あそこ行ってまうと確実に飲んでしまいそうだったので
別の店にしたのだ。

そのお店は数ヶ月前に一度行ったっきりなんだけど、
水曜日の 22 時過ぎに 7 人で押しかけて
(カウンター10席くらいの店なのに)
朝まで相当騒いでたので覚えられてるだろうな、
とは思っていた。

けどさ。

「あー覚えてますよ!」

「下の名前で呼ばれるのが嫌な人ですよね?!」

どういう覚えられ方だよ私(´Д`;)

別にいいけどさ、
いいんやけどさ、他にもいろいろしゃべってたのに、
何故にそこ?!

謎だ……。

すでに閉めてるけど、近くにいるから
来てくれるなら開けますよ~との返事。

ルーマニア人の彼女の話聞いたり、
私の知り合いのタイ人の話したり、
競馬の話したり、さっちゃんを諭したり
してたらあっちゅーまに朝でした。

にゅうめんうまかったー。

えりさちゃんをタクシーに乗せ、タキュンを
ホテルまでお見送りして自分もタクシーで帰宅。

なんでこんなに足が痛いんだろう。
おかしいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください