説明しよう! ~日本での生活2013~

前回のつづき

ウィニペグの素晴らしい夏を捨てて帰ってきた蒸し暑い真夏の日本!

帰ってきた私を待ち構えていたのは、壊れたエアコンだったorz

聞いてねー!

そんなに長居するつもりはなかったので、
まずは引っ越しをしなければいけなくて帰国ソッコー物件探し。
なんでかってなっちゃん一人で家賃10万の3LDKに住んでるから。

私が嫁子と住んでたマンションで、嫁子が引っ越した後に
なっちゃん呼び寄せて、部屋も借りられない弟も入れて
3人で住んでたのだが、弟が結婚して新居を構え、
私はカナダに行ったので、なっちゃん一人ぽっちに。

私もカナダで永住権取れるか分からんかったので
とりあえず引っ越しは保留にしてたのだ。
永住権取れんかったら戻ってきてそのまま住めるでしょ。
カナダから毎月家賃補助すること2年弱、つらかった。。。

めでたく永住権は取れたので、最終的に日本に戻るにしても
後3年はカナダにいるつもりだから、
当面一人で住んで貰うために家賃安いとこに引っ越し。

なので引っ越すまでエアコン買えない!
この猛暑にエアコンなしで越夏……oh……

8月は暑すぎてほっとんど何もできなかったです!!
決めた部屋はだいぶ妥協して前の家から徒歩5分のとこ。
嫁子の家からは徒歩圏内にいたいのでそれ以上動けんかった。

9月に引っ越し。今住んでるとこから徒歩5分の今より
狭い部屋に引っ越すってめちゃくちゃテンション下がる。
引っ越し代浮かすために大型家具と電化製品だけ頼んで、
細かい荷物は自分らで運んだ。

台車で何十往復しただろう。もう数万出して全部頼めばよかった。
下手に近いから自分らでできると錯覚してしまった(やったけど)。
まだ暑いがここまできたら今さらエアコン買うの悔しくて保留。

10月は Japan Rail Pass を携え日本全国周遊の旅へ。
Japan Rail Pass については公式サイトを参照して欲しいんだけど、
簡単に説明すると、短期滞在の外国人と、外国に永住権を持つ
日本人だけが買えるJR(新幹線含・除のぞみ)乗り放題切符である。
日本国内では買えず、外国で引換券を買っておく必要がある。
私は21日間乗り放題のを買った。6万で3週間新幹線乗り放題だぜ。
永住権とったら絶対に利用するって決めてたんだ……!

死亡フラグにならなくてよかった。

みどりの窓口でパスポート見せて引き換えて貰うんだけど、
いざ引き換えに行こうとしたらパスポートが見当たらない!!!1
うえええええええええええええええええ

焦って紛失届けだして作り直しに行ったその日にパスポートの在処を
思い出し、引き換え期日を過ぎてからドキドキしながらみどりの窓口
行ったんだけど、特に何を言われるでもなく引き換えて貰った。
使えなかったら泣くとこだった、これだけを楽しみに帰ってきたのに。

日本では「しっかりしてる」カナダでは「Very independent」と
言われまくる私ですが、ものすごい大ポカやらかします。
すごく肝心なところで。それも結構頻繁に。
ネタ人生といわれる所以ですね。

3週間で、西は山口・広島・岡山・徳島・高知、
東は石川・愛知・静岡・東京・神奈川と周ってまいりました。
すべて友達の家に泊めて貰ったという果報者です。
旅行は基本、友達が居るところにしか行きません。
観光などは友達のご厚意で連れてって貰う以外はせず、
ただ酒飲んでバカ話して帰るだけです。しあわせ。
お世話になったみんな、ありがとう!

交通費はトータルで15万くらい使いました。6万の切符で。
いつも通り東京に長居したので20万はいかなかった……。

「君のためにあるような切符だね!」と皆に言われました。
That’s right!

# ちなみに前年は Japan Rail Pass の購入資格がなかったので、
# 青春18きっぷでほぼ同じ行程。死にかけました。

11月は燃え尽き症候群でした。マジでこの1ヶ月取り戻したい。
かろうじて日銭は稼いでたものの、ほんとずっとくたばってた。

12月はオーナーがオーストラリア人、ヘッドシェフがベトナム人、
後キッチンにはイタリア人、シンガポール人、トルコ人がおり、
フロアは米人とオランダ人、コンサルタントもオランダ人と米人
というカナダでもなかなかこんな面子そろわねーぞっていう
インターナショナルなレストランで助っ人として入ることに。

「フルで入るつもりはないけど、入ろうと思えば入れるから
 人が足らないところに入れてくれたらいいよ」

結果、いきなり1日12~14時間労働7連勤。

サーバーで入ったのにキッチンに入れられるし、
その結果キッチン希望のシンガポール人女性がフロアに出されて

「注文、いいか?」

なんてカタコトで接客してるし、色々ダメすぎる。

ここの話はネタが多すぎて書ききらんのでいずれまた。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。