えまーじぇんしー?

2010/04/08

エマージェンシー

ウーウーウーウーウーウー。

今朝方、仕事していたら突如警報が鳴り響いた。

「地下1階で火災警報装置が作動しました」(録音音声:女)

ウィーンガチャ。
(↑部屋のオートロックが解除された)

むむ?

「係員が確認しております。次の放送にご注意ください」(録音音声:女)

むー?
私が業務に使わせて頂いているこの教室は1階。
今日は朝からこの真下で工事をやっているのだ。
こんな放送があってもまだダダダダダやってます。
誤作動かな?

――5分経過。

ウーウーウーウーウーウー。

「火事です!火事です!落ち着いて避難してください!」(録音音声:男)

ウーウーウーウーウーウー。

ええー?

念のためPCを全台落とし、急にオートロックが復活
した時に備え、ICカードを手に2階の事務室へ。
まだ誰も状況を把握できていないみたいやけど、
一様に落ち着き払っている。
フロアには学生さんもちらほら。

地下に下りてみる。
何事もなかったかのように工事継続中。
ダダダダダダダダやかましい。

大丈夫よね?

部屋に戻り、仕事再開。

しばらくして、総務より放送が入る。
やはり誤報であったとのこと。

非常時にはオートロックが解除されることを
確認できて安心した私でありました。


※ 以前、事務の方に

「ここって、火事とかの時にちゃんと開くんですかねー?」

なんて不安を煽られたので気になっていたのだ。

教室からは、出入り口のドアガラスをぶち破って
脱出できると思うけど、廊下のドアはたぶん無理。
2階に逃げられたらいいんだけどねぇ。
それができない場合、教室と外界を隔てている窓は、
分厚い網入りガラスで二重構造かつ填め殺しやし、
もたついてる間に煙にやられそう。。。

故意に警報鳴らして、セキュリティゆるくなった
ところに侵入、なんてのもあるやろうし、
すべてコンピュータ制御ってのも善し悪しよね。