寝ぼけ話 其の一

長文書く時間が取れないので小ネタ。

私はよく寝言を言います。
しかもめっちゃハッキリしゃべります。
そんでもって覚えてません。
寝ぼけネタ大量にあります。
思い出したら書いていこうと思います。

あれは遡ること10年程前…
そう、高校受験を控えた中3の冬でした。

国語は得意で、さしたる努力をせずとも
そこそこの点が取れたし、英語は嫌いで
全くやる気が起きなかったので、
理数系の勉強ばっかりしてました。
「ズバリ解答」のある教科はいいよな。
証明問題なんか解けるとカ・イ・カ・ン!

いや話が逸れましたが、その日も午前3時
まで勉強をしてから床についたのです。

で、朝。スズメがちゅんちゅん。

私の寝起きが悪いのは家族全員が知ってるので
あまり起こしたがりません。

が、ほっとくわけにもいかないので、
妹が起こしに来ました。

「姉ちゃん、もう7時やでー。起きなー」

その時点で妹はいつもと様子が違うことに気付きました。

口角を上げ、満面の笑みを湛えたワタクシは次の瞬間こう言ったそうです。

「そうか三分の一か」

夢の中で難しい問題でも解けたのでしょうか。

カテゴリー: ネタ系 タグ:

かいね@メエメエ について

“かいね” とか “デ七” とか “にくQ~★” とか 検索エンジンにも引っかからないようひっそりやってる個人ブログです。 80% 以上 身内ウケで出来ています。 おてやわらかにお願いします。 Tumblr : 気ままに Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください