ディープインパクトから禁止薬物検出

2006/10/19

武豊も驚がく!インパクトから禁止薬物 – 競馬ニュース : nikkansports.com
ディープインパクト号に関するお知らせ – JRA ニュース

なんだこりゃ。

池江泰郎調教師の話 「禁止薬物が検出されたことについて大変驚いており、信じられない気持ちでいっぱいです。原因が究明されていない段階ですので、コメントは控えさせていただきます」

向こうですでに事情聴取受けて「治療用に使った」
と認めたのにこの発言、ってほんまかいな?
シンジケート組んだのって判明する前? した後?

確実に天皇賞も JC も有馬もなくなったな。。
特別応援したり思い入れがあったわけじゃないけど、
憐れみを感じずにはいられない。馬には罪ないし。

ディープが静かに余生を送れますように。

※ 10/20 追記
asahi.com:ディープの禁止薬物 仏の競馬機関「悪意ない」- スポーツ

フランスの獣医師は投与期限も通告していたが、その指示が正確に
伝わっていなかったのか、守られなかったのかは分からない。

なんじゃそりゃ。解明する気あるのかね……。
このままうやむやになるの?

今のところのまとめ

1 本番(凱旋門賞)の約3週間前、ディープが咳をするようになった
2 現地のフランス人獣医にディープを見てもらう
  (日本人獣医もディープ陣営にいたが、免許の関係で医療行為は不可)
3 フランス人獣医、ディープに禁止薬物の入っている治療薬を投与
4 フランス人獣医、ディープ陣営に「禁止薬物入りなので、本番直前は使わないように」と使用期限を指示
5 どうも、この指示が上手く伝わっていなかった様子(単なる通訳等のミス?日本人獣医の判断?)
6 ディープ陣営、本番直前になってもこの治療薬を使用してしまう
  (本番前にちゃんと使用は止めたが、それまでの薬が運悪く体に残留していた説もあり)
7 凱旋門賞後の尿検査で陽性反応

本人(馬)は「今日もにんじんうめーな」とかそんなんやと思うけど。