カナダの人権博物館における慰安婦問題展示全容(2014/12/10現在)

The whole picture of the exhibit of Comfort Women System at Canadian Museum for Human Rights

02_0
00

Canadian Museum for Human Rights に行って来ました。
博物館の方に「写真を撮ってもいいか」「ブログやSNSに載せてもいいか」と聞いたところ、「写真はフラッシュを炊かなければOK、インターネットに載せるのはお好きにどうぞ」とのことでしたので、全文を日本語訳とともに掲載します。

※ 浅学ゆえ、この問題に関して自分の意見を述べることを差し控えますが、個人的にWJFプロジェクトによる解説が今のところ一番しっくりきています。

I went to Canadian Museum for Human Rights on December 10, 2014.
I asked the museum curator whether I could take those pictures and upload on the Internet or not. Since she answered “YES”, I would reproduce and translate the contents of exhibit written about Comfort Women System here. I cannot make my opinion about this issue right away due to lack of knowledge, but I highly recommend that you check out these videos in the following list which explain about this issue. I think their explanation is logical and to the point.

慰安婦問題の展示は “Breaking the Silence” と題された2階のスペースにあります。
The exhibit of Comfort Women System are shown at the booth called “Breaking the Silence” on the second floor.

Breaking the Silence

沈黙を破って
01

タッチパネルの卓が並んでいます。
インベーダーゲームを連想したあなたは同士です。
There is an array of touchscreen monitors.
They look like case bodies of Space Invaders, right?

02_1
02_2

世界地図が表示されており、国をタップするとその国の人権侵害問題がクローズアップされます。
There is the world map on the screen. When you tap a country, you can see its history.

03
04

Comfort Women System

Imperial Japan

Before and during the Second World War, the Japanese military coerced an estimated, 50,000 to 200,000 women and girls into sexual slavery. Some were as young as 11.

The military referred to these captives as “comfort women,” a term that masked their real purpose and persecution.

Comfort women were transported from their homes to distant war fronts to provide sexual services to Japanese troops. The women were cut off from their culture and language, and regularly raped and beaten.

大日本帝国

第二次世界大戦前から戦時中にかけて、大日本帝国軍は推定5万から20万人もの女性や少女に性奴隷になることを強要した。その中には11歳の若さの少女もいた。

軍はこの囚われた女性を「慰安婦」と称し、本当の目的と迫害を隠した。

慰安婦は日本兵に性的なサービスを提供するため、彼女らの文化や言語から断絶され、戦場の最前線で定期的に犯され、暴力を受けていた。

05
05_1

Buildup

The Japanese invasion and occupation of foreign lands was often accompanied by rape. In an effort to curb acts of sexual violence by its soldiers, the Japanese military organized formal prostitution centres.

蓄積

日本軍による外国領土の侵略と占領は、たびたびレイプを伴った。兵士による性的暴行を抑制するための策として、日本軍は公認の売春センターを組織した。

06
10

Controlling Rape

During Japan’s invasion of Manchuria, widespread rape by Japanese soldiers sparked anger and outrage. In order to curb these random attacks, and control the spread of sexual transmitted disease amongst its troops, the Japanese army set up prostitution stations for its soldiers.

レイプを抑制すること

日本軍による満州侵略の最中、広範囲に渡る日本兵によるレイプが怒りと非道行為を引き起こした。これらの無差別攻撃、そして性病の蔓延を抑制するため、日本軍は日本兵のための売春所を設置した。

(c) Scherl / Suddeutsche Zeitung Photo

11
11_1
12

The Nanking Massacre

Persistent acts of rape by soldiers during Japan’s brutal 1973 invasion of Nanking revealed that sporadic prostitution stations were not enough. In response, the military formed a large and more formal comfort station system. This system, populated by women from conquered countries, became vital to the Japanese war effort.

南京大虐殺

1973年、日本による南京侵略の最中、日本兵による絶え間ないレイプが行われ、散在する売春所が不十分であるとあらわにした。そこで軍は、大規模でより公的性の高い慰安所システムを作った。このシステムは、征服された国々の女性によって活発化され、日本の戦争遂行努力のためにきわめて重要になった。

ullstein bild / The Granger Collection

13
13_1
13_2

Tricked into Slavery

Many women and girls were lured into sexual slavery by recruiting agents using misleading advertising and false promises. Those who responded to this 1944 ad in a Korean newspaper did not realize that they would be transported to far off lands to become sex slaves to Japanese soldiers.

性奴隷への策略

多くの女性や少女は、仲介者による紛らわしい募集広告や嘘の約束で誘い出された。1994年の韓国紙に掲載された広告に返答した女性は、日本兵の性奴隷になるために、故郷から遠く離れたところへ連行されるなど思いもしなかった。

Korea Press Foundation

14
14_1
14_2

Violation

The Japanese military coerced and kidnapped thousands of women and girls into sexual slave. These girls and women were transported far from their homes, isolated, beaten and forced to provide sexual services to Japanese troops. The military claimed that these services enhanced troop morale and discipline.

罪科

日本軍は数千もの女性と少女を性奴隷にするため強制連行した。彼女らは故郷から遠ざけられ、隔離・暴行され、日本軍に性的サービスを提供することを強いられた。軍はこれらのサービスが軍の士気を高め、規律を強化すると主張した。

07
15

Far From Home

Women who were taken into sexual slavery, such as those pictured here, were transported across Japan’s vast occupied territories. They were isolated from their communities, culture and language, and physically abused and financially exploited.

故郷は遠くにありて

性奴隷にされた女性は、これらの写真のように日本の占領地を渡って運ばれた。彼女らは自身のコミュニティ・文化・言語から隔離され、身体的な虐待と金銭的な搾取を強いられていた。

E-Museum for the Victim of Japanese Military Sexual Slavery

16
16_1
16_2

Repeated Assaults

During their imprisonment, the girls and women in the comfort system endured repeated brutal sexual violence on a daily basis. This image, date unknown, shows Japanese soldiers waiting for their turn to be serviced outside a comfort station in China.

繰り返される暴行

慰安所で幽閉される間、少女と女性は、日常的に繰り返される残虐な性的暴行に耐えていた。この画像は、中国の慰安所でサービスを受けるために列を成す日本兵を示している(日付不明)。

E-Museum for the Victim of Japanese Military Sexual Slavery

17
17_1
17_2

Denial and Distortion

For decades after the Second World War, the role of the Japanese military in forcing women into sexual slavery remained largely hidden. Histories of the war and of the country consistently failed to mention the comfort women system.

否定と歪み

第二次世界大戦の終戦から数十年間、女性を性奴隷に追い込む中で日本軍が担った役割の大部分は隠匿され続け、戦争と国の歴史は一貫して言及する機会を逸した。

08
18

Textbook Denial

For many years, nationalists distorted Japan’s wartime history and denied that women had been forced into sexual slavery. In this 2005 image, Yoshifumi Tawara, head of an anti-censorship organization, points out the failure of school history book to mention the comfort women system.

教科書による否定

長い間、国家主義者は日本の戦時記録をゆがめ、女性を性奴隷に追い込んだ事実を否定した。この2005年の画像では、歴史の教科書における慰安婦システムについての言及が不十分であると反検閲組織の代表である俵義文が指摘している。

Getty Images, AFP, photograph by Toshifumi Kitamura

19
19_1
19_2

Official Denial

When Prime Minister Shinzo Abe declared in 2007 that there was no proof that Japan forced women into sexual slavery, he was widely criticized. This banner at a protest in Seoul denounces him for his dismissive remark and for avoiding responsibility.

公式否定

2007年、安倍晋三内閣総理大臣は日本が女性を性奴隷に追い込んだ証拠はなかったと宣言し、広く批判された。この横断幕はソウルで行われたデモで、彼の否定的な批評と責任逃れに対し、弾劾するものであった。

Reuters, photograph by You Sung-Ho

20
20_1
20_2

International Denial

In response to allegations about Japan’s comfort women system, in 2007 a group of Japanese leaders paid for an ad in the Washington Post. The ad made five historical claims that were meant to prove to the world that Japan never forced women into sexual slavery.

国際的な否定

証拠不十分な日本の慰安婦システムについての主張を受けて、日本のリーダーは2007年、ワシントンポストに有料広告を出した。その広告には、世界に向けて日本が決して女性を性奴隷にしていなかったことを証明する恣意的な5つの歴史的主張がなされていた。

Getty Images AEP, photograph by Paul J. Richards

21
21_1
※ このワシントンポストの記事、文字がつぶれててほとんど読めませんでした。
You can read this article here.
21_2

【 関連リンク 】

Breaking the Silence

The existence and extent of the comfort women system did not become widely known until women across Asia began speaking out about it in the 1990s. In response, Japan has acknowledged that the system existed. But there have been no convictions or financial compensation by government to former comfort women.

沈黙を破って

慰安婦システムの存在と範囲については、1990年代にアジア各地で女性がそれについて、はっきり語り始めるまで広く知られることはなかった。それを受けて、日本は慰安婦システムが存在したことを認めたが、そこに有罪判決や、政府から元慰安婦に対しての金銭的な賠償はなかった。

09
22

The First Photo

After discovering this photo in 1962, journalist Senda Kako became the first person to research and write about the comfort women system. He knew that the women were Korean by the traditional way that the suitcase was being carried. But he wondered who they were and where they were going.

最初の写真

この写真が発見された1962年、ジャーナリストの千田夏光は慰安婦システムに関する調査と執筆における第一人者となった。彼はスーツケースの伝統的な運ばれ方で女性らは韓国人だとは知っていたが、彼女らが誰で、どこに行くのかと不思議に思っていた。

Source unknown

23
23_2

Seeking Justice

In 1991, Kim Hak Sun became the first former comfort women to speak out about her experiences and file a suit against the Japanese government. Her case, and the many that followed, did not result in convictions or compensation. But did bring international attention to the issue.

正義を求めて

1991年、キム・ハク・スンは、自分の経験をはっきりと述べ、そして日本政府を相手取り訴訟を提起するために最初の元慰安婦となった。彼女の場合、そして後を追った多くは有罪判決や賠償の成果を得なかったが、この問題に国際的な注目をもたらした。

Dong-A libo, photographer unknown

24
24_2

National Apology

In this 1996 photo, former Comfort Women from the Philippines, Maria Rosa Henson, Anastasia Cortes and Rufina Fernandez (left to right) show letters of apology from Japan’s Prime Minister Ryutaro Hashimoto. The apology came with funds raised from the private sector, but not from government.

国家的な謝罪

この1996年の写真では、元慰安婦であるフィリピン人女性の(写真左から右)マリア・ローザ・ヘンソン、アナスタシア・コルテス、そしてルフィーナ・フェルナンデスが日本の橋本龍太郎内閣総理大臣からの謝罪の手紙を提示している。この謝罪は民間団体から調達された資金とともに送られて来たが、政府からではなかった。

Associated Press, photograph by Alberto Marquez

25
25_1
25_2

Call for Recognition

Former Comfort Women from South Korea, Lee Ok-sun, Kim Sun-ok, Lee Yong-soo, Gii Won-ok and Park Ok-sun (left to right) demand compensation outside the Japanese embassy in Seuol in 2007. Decades after the war, many women still struggled with the trauma they endured as sex slaves.

認定を求める

2007年、ソウルの日本大使館の外で賠償を要求する韓国の元慰安婦(写真左から右)リー・オク・ソン、キム・スン・オク、リー・ヨン・ソー、ジィ・ウォン・オク、そしてパーク・オク・ソン。戦争後の数十年、まだ多くの女性が性奴隷として耐え忍んだトラウマと戦っていた。

26_1
26_2

以上ですべてです。
誤字・脱字・誤訳などございましたらご指摘ください。

あ、ここで書かれているようなビデオ証言は見当たりませんでした。
時事ドットコム:「慰安婦制度」を展示=カナダで人権博物館オープン

問題と無関係な感想としては、この展示を探し出すのに苦労しました。博物館自体バカでかいので、1,2時間でサラッと全部を見て回る人には気づかれないと思います。これを探していた私ですら、いったん最上階まで上がって「あれ、なかったな?」と1階から見直してようやく見つけました。

第二次世界大戦中に日系カナダ人が財産を没収され、強制収用されたという展示はありましたが、原爆についての展示はありませんでした。

27
28

カナダの人権博物館における慰安婦問題展示全容(2014/12/10現在)」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 【ブログ紹介】カナダ ウィニペグ人権博物館 慰安婦問題展示 全容 | なでしこアクション Japanese Women for Justice and Peace

  2. とんちゃん

    一度、次のサイトにある記事や報告書を読んでください。

    www.awf.or.jp

    このサイトに掲載されている記事や報告書は、河野談話に先立ち日本政府が収集した資料と調査にもとづくものです。

    記事は、次のページからアクセスできます。

    www.awf.or.jp/1/index.html

    また、報告書は、Google で、”filetype:pdf site:www.awf.or.jp” を使って検索できます。

  3. ピンバック: 【署名】慰安婦に関する1944年米軍オフィシャルレポートを展示してください | なでしこアクション Japanese Women for Justice and Peace

  4. 中川由紀恵

    博物館に行く事がいやになりました。ここだけではなく、他の博物館もこうしたウソ展示をしているのだと思ってしまったからです。それにしてもここの展示に使われている写真のキャプションは勝手にすり替えられていますよね。写真の持ち主または版権の持ち主は日本人のものが多いように思いますが許可を得ているのですか?告訴すべきです。出典がないですよね。千田カコウも書いたものは小説でしょ。慰安婦展示がウソであることを一つずつ指摘して言っていくしかないのではないですか。それからご指摘のように1944年に米軍が取った調書や当時の朝鮮半島で若い女性が売られたり誘拐されていた新聞記事など資料を提供してはどうですか?慰安所で働いていた朝鮮人の日記や金玉珠さんの本などもです。

  5. なおみ

    大きな展示室を使い、ありったけの作り話を写真と数字で表示し、70年以上前の出来事として閲覧者を煙に巻く。韓国系カナダ人は、さぞ満足していることでしょう。 私達個々個人は、辛抱強く、機会あることに、展示内容を否定することから始めなければいけませんね。 阿部首相が、否定したと記事に出ていますが、それを断固指示する事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。