Cocco “きらきら” (初回限定盤)

2007/07/25

評価:
Cocco
Viictor Entertainment,Inc.(V)(M)

¥ 3,300

(2007-07-25)

まだちょっとしか聴いてないけど、ほぼ想像通り。
聴いてて Cocco のくしゃくしゃ笑顔が浮かんできて
自然に顔がゆるむ。ワクワク感が伝わってくるね。
(でもこれは信者以外には鬱陶しく感じるかもしれん)
「がじゅまる」とか「歌姫」とか活動休止前の
アルバムの箸休め的な小曲集って感じなので、
未だに 1st の雰囲気を求めてる人には勧めない。

「小さな町」と「花うた」がお気に入り。
「ハレヒレホ」は Live Earth のアコギ+歌の時は
あんまりだったんだけど、あの Country & Western
なアレンジはいいな。晴れた日に外で演りたいよー。
ザンサイアンの曲は、歌詞に直接的な表現が
多くてげんなりする部分があったので
全体を通してはこっちのほうが好きになれそう。
しかし、似たようなフレーズの使い回しが多く
なってきたし、斬新さはないなー。
6 曲目の「An apple a day」が The Carpenters の
「Top Of The World」にメロ、雰囲気ともに激似で
思わず被せて歌ってしまった。
「Never ending journey」は去年の大阪ライブ
バージョンのほうが好きだな。それと録音環境
のせいなのか(曲によって場所変えていろんな
とこで録音したらしい)、この曲だけ Cocco の
声が少し違って聞こえるのでなんか馴染めない。

Live Earth 観た時も思ったけど、歌うまくなったなぁ。
前にも増して高音の伸びがうつくしー。
羨ましい限りだ。。

で、特典のポストカードはこんなんでした。
Cocco きらきら ポストカード

これがかわええ。
Cocco きらきら ポストカード

このポストカードを入手するために通販は止めて
タワレコ梅田マルビル店まで行ってきてんけど、
会計待ちの人が列を成しててビビった。
いつもあんなに混んでるんかなぁ。