Carver’s dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選

Carver’s dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選
Carver’s dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選
レイモンド・カーヴァー 村上 春樹

評価:★★★☆☆
日常における些事(じゃないのもあるけど)がつらつらと語られる
短編10作とエッセイ・ポエムを含む13作の傑作選。

  • 「でぶ」
  • 「サマー・スティールヘッド(夏にじます)」
  • 「あなたお医者さま?」
  • 「収集」
  • 「足もとに流れる深い川」
  • 「ダンスしないか?」
  • 「大聖堂」
  • 「ぼくが電話をかけている場所」
  • 「ささやかだけれど、役にたつこと」
  • 「使い走り」
  • 「父の肖像」(Essay)
  • 「レモネード」(Poem)
  • 「おしまいの断片」(Poem)

そのとき限定の、ちょっとしたひっかかりとか奇妙な違和感、思考。
後で振り返って考えてみても、イメージでしか思い出せないような、
そんなよく判らない感覚をうまーく表現している小憎らしい小説。

世の評価と等しく私も「ささやかだけれど、役にたつこと」がよかった。
私は何に対してもストライクゾーンがだだっ広い人なんですが、
ストライクゾーンのど真ん中と言うのは、構成で唸らされるのが多いな。
最後の1ピースがハマった時の「ぞわぞわ」感がたまらんのです。

ま、そういうのとは関係なく、
村上春樹が好きな人は確実にツボると思います。

なんでかって、本人が「リスペクトしてる」って公言してるし、
村上春樹訳だとどうしても「村上春樹の小説」になってまうから。
良きにつけ悪しきにつけ、ね。。いつか原書で読みたいな…。

余談ですが、サリンジャーの「The Catcher in the Rye」も
見事なまでに「村上春樹の小説」になっていた。

キャッチャー・イン・ザ・ライ
キャッチャー・イン・ザ・ライ
J.D.サリンジャー, 村上 春樹

カテゴリー: 一般書籍

かいね@メエメエ について

“かいね” とか “デ七” とか “にくQ~★” とか 検索エンジンにも引っかからないようひっそりやってる個人ブログです。 80% 以上 身内ウケで出来ています。 おてやわらかにお願いします。 Tumblr : 気ままに Twitter

Carver’s dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選」への5件のフィードバック

  1. ジョン

    村上春樹ですら読まない私なのですが、サリンジャーとコナンドイルだけは、読みました。ライ麦畑で捕まえては、最後まで読んでませんが、最近また読み始めてました。なので村上春樹のをちょっと読んでみたくなりました。

  2. かいね@デ七

    「ライ麦~」は野崎訳持ってるなら(もしかして原書?)読み比べも面白いけど、村上春樹読んだことないなら「ねじまき鳥クロニクル」「ノルウェイの森」らへんから入って合うか合わないかみてからのがいいですよ。私は実はそんなに好きでもないんだな春樹氏…。
    コナン・ドイルは読んでません。機会があったら読もうとは思うけど…海外古典ミステリではやっぱポーかなぁ。
    あーあ、やっぱりコピーロボット欲っすぃ。

  3. たこ

    村上春樹は定番のノルウェーの森から入ったんですが、結構はまりました。なんか雰囲気に透明感があっていいですね。村上春樹の小説の主人公みたいに、強くなりたいっす(鬱)

  4. ken

    あ、たこ君だ
    どしたん?鬱なん(;_:)
    強くなれー

  5. かいね@デ七

    たこくん、君もなんか書いて鬱を撃退だ。愚痴でも構わんよ。
    恋愛ものは背中がイ―――ッ!てなるんであんまり好きくないんだな…読めばそこそこ面白いんやけどね。
    っちゅーか春樹氏好きならこれ貸してあげるよー。鬱なときにもよいよこの本。最初は「あれ?」って思うかもしれんけど、読み進めていくうちに引き込まれる感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください