十数年ぶりに過呼吸になった話を聞いてくれ。

ねえちょっと聞いてよ奥さん。もうね、ほんと久しぶりによく分からない涙が出たよ……。

俺ね今ね奨学金で行ける1か月のフランス語留学でモントリオールに来ているんだけど、並行して自分の通ってるウィニペグの大学でも数学のオンラインコースも取ってるのね。今日ね、中間テストで。オンラインコースなんだけど、中間と期末テストは大学で受けないといけなくて。でも大学まで2時間以上かかるところに住んでる人はオンラインでテスト受けらるシステムがあってね、事情説明して聞いてみたら許可貰えて。個室とwebカメラとプリンターが必要なんだけど、プリンターが寮の部屋にないのでなんとかならないかなってプログラムコーディネーターに相談してみたの。そしたらフロントで印刷して貰うか、図書館の個室を予約するかならできるって言われて、よかったー買わずにすんだかもって喜びつつ、念のため教授に確認のメールを送ったら「プリンターは同じ部屋にないとダメ」と無情にも切り捨てられまして。I had no choice but to buy it…

hp_deskjet_3755_03

この日の特価でこれが安かったんだけど、複合機ででかくて。

hp_deskjet_3755_02
(サイズ比較用に違う機種だけど同じサイズのやつらの写真)

こんなのホステルから学生寮まで運ぶのも大変だし、持って帰れないからさ、泣く泣く高いけどちっちゃい hp DeskJet 3755 を購入。

hp_deskjet_3755_01

receipt-printer
カナダは、とても、税金が高いです。涙。

それでもアマゾンより安かったから良かったんだと自分に言い聞かせ、ホステルに持ち帰り、スーツケースに詰めることに成功。やったね。なんで学生寮に移動する道すがらでなく、前日に買いに行ったのかと言うと、学生寮入居日はカナダデーでお店が開いてるかどうか分からなかったから。電話ぜんぜん繋がらないんだもん……。カナダデーは運休するバス路線もあるし、とにかく不安要素を取り除きたかったので。

そして入居日当日。スーツケースに上手いこと詰め込めたおかげでちょっと気分が上向き、ふんふふんふふんと学生寮に向かったわけですが、荷物が多いので(受諾手荷物最大サイズのスーツケース1つ、パソコンリュック、プリンター入れたためにはみ出した荷物をまとめて入れたエコバッグ)、手ぶらなら5分で着きそうな最寄り駅から寮までの道のりを10分近くかかって歩き、やあ、ここを左に曲がれば到着……! と思ったら目の前になにこれめっちゃ坂、めっちゃ坂、めっちゃ急、おまけにめっちゃ凸凹。

写真で見るとそうでもなさそうに見えるけど、写真で見えてる一番奥まで行ってもまだ 1/3 程度で坂まだまだ続いてるからね?!! 写真の奥辺りまで、躓きよろけながらもスーツケース押して登ったところで黒人男性二人が声をかけてくれて運ぶの手伝ってくれた。寮のスタッフかと思ったけど、同じく寮に住む大学生だそうで、この二人の人生に栄光あれと祈念した。受付に到着した時点でホットヨガ以外でこんなに汗かいたの何年ぶりよというくらい汗だく。プログラムの受付の人はフランス語しかしゃべってくれない(いじわるではなくそういう決まり)ので3割くらいしか理解できなかったけど、貰ったプリントを見て、クラス分けテストは筆記でなく口述であることが判明し、俺の精神は崩壊した。文法とか単語とか動詞の活用とか復習めっちゃがんばったのに……もちろん勉強したことは無駄ではないのだけど、徒労感が半端ない。うう。プログラムの受付を終え、寮の方の入居手続きに入る。身も心もボロボロの私には英語で話しかけてくれる寮の職員さんが救世主に見える……英語聞いて安堵する日が来るなんて思いもしなかった。ありがとう、そしてありがとう英語! なんて感動してたら「あなたの名前で予約ないのだけど、ちゃんと予約した?」と言われ一気に落とされる。俺は4月に予約しろメールが来てすぐやったよ! 「確認メール届いてる?」と言われて、そういえばメールは来てなかったような、、でもオンラインで予約した時、送信押して「おめでとう! 予約が取れました!」ってページまでたどりついたよ?! しかし、文句を言う気力もなく、その場で前にやったのと同じようにオンラインで予約。ほらこの予約完了ページ絶対見た!! そして確認メール来ない! ほら! 絶対できてた! 4月にやったやつできてた! せめてもの反抗として20分待って確認メールがやっぱり来てないのを確認してからフロントのお姉さんに「20分待ったけど確認メール来ないよ」と告げた。「やっぱり私の予約はできてたのに、そっちのシステムのせいで出来てないことになってたんじゃないの」と暗にほのめかした言い方をしてみたのだけど、「なんでか分からないけど、予約は完了してるから大丈夫よ」ハイ話これで終わりと切り上げられた。This is my life. ちなみに確認メールは2時間後に来た。文句言われたから手動で送ったんじゃと疑いたくもなるわ!

時間がかかりそうなので、ラウンジに移動して勉強したかったのだけど、ルームキーをもっていない私は入室できない。誰かが出入りするタイミングで滑り込み、席を陣取ったはいいけど、そのまま5時間経過してしまい、お腹は空いたし、それよりそろそろトイレがやばくなってきた。全部の荷物持って移動して、また誰かの出入りを待つのももうしんどい。なんとか、あと1時間はもつか? 早く電話きてーーーーーと祈っていたら10分後に来た! やった!

部屋に着いてもうそのままバタンキューしたかったんだけど、ベッドに腰掛けるのも憚れるくらい全身ネチネチなのでシャワーを探す旅に出る。管内案内など一切なくて結構さまよった。ようやく見つけたシャワーで意気揚々と服を脱ぎ捨てハンドルを全開にして頭からお湯の雨を享受する予定だったのに、のに、チョロチョロしか出ない。うちのドリップ用のやかんの注ぎ口から出る水よりチョロチョロ。全開なのに!!! なんだよ!!! なんなんだよもう!!!! 今さら汗臭い服を着直して他のシャワーを探す気力など当然残っていなかったので、洗髪は諦めて両手でチョロチョロ垂れてくるお湯をためては体にかけ、溜めてはかけを繰り返してなんとか体の汗は流した。部屋に戻って荷物片して、数学のテストのためにパソコンとプリンタセットアップして、ベッドに入れたの1時過ぎ。ホテル到着したの12時前だというのに一体全体これはどういうことなんだい。翌日は徒歩13分の建物に7時半集合なんだけど、方向音痴の私は念のため6時起きで7時前には部屋を出るため6時起き。頭臭い。

初日はクラス分け面接と説明会。クラス分け面接は負け試合前提で「言ってること/質問の意味/フランス語でなんと言うか/が分かりません」の3フレーズを事前に丸暗記。話せた内容は挨拶と名前とウィとノン、「日本出身だけどウィニペグに住んでいる」「大学は2年目でCSを専攻」「フラ語コースは少しだけ取った(相手の質問にペティートペティートと繰り返しただけ)」死んだ。説明会では何やらたくさんあるアクティビティの紹介を受けたけど、私は遠慮しよう。勉強だけするわってスルーしてた。15時に終わって帰りたかったんだけど、そのままアクティビティに突入して17時まで拘束され、できるだけ友達は作らないをモットーに来たのにいきなりラテン系の若者に捕まり輪を広げられてしまう。その後、40代のレノバン人とフィリピン人と仲良くなってしまい(こんな書き方してるけど、みんないい人だし、話せば楽しいし、新しい知識も経験も手に入から全然悪いことじゃないし、むしろ積極的になるべきなんだけど、とにかく時間が足りない)、部屋に戻ったの18時。やばいこれ、毎日こんななの? 数学、テストのほかにも課題があと2つ残ってるんだけど、、やばい。いややばい。それより頭がやばいのでシャワーに行った。今日は別のシャワー発見して、服脱ぐ前にひねって水量が十分か確認してから入った。やっと頭の先からつま先まできれいになって感無量。

2日目、数学のテストの日。アクティビティの参加も評価に含まれてて、満点取るには最低70時間は参加しないといけないらしいことが判明してまたどんより。9-15時授業でその他はオプションだと思ってたから、今日も若干勉強できるなと思ってたのに、14-17時でいきなり評価に含まれるアクティビティ発生。ラテン系女子に引きずられて途中まで来たけど、帰ってくるの17時でしょ、テスト18時半からなんだよ、無理でしょおおお無理無理無理、今日はパス。全部で何十時間分の70時間なのか分からないけど、残りのアクティビティ全部参加すればなんとか取り返せ、ますよね? 説明全部フランス語だからわかんないんだよ。質問したくてもフランス語でしか受け付けてくれないし、あらかじめ文章作っていって通じたとしても、フランス語で返される内容を正しく理解できないんだよ……このフラストレーションには覚えがある。カナダ来たばっかの頃。全く同じで、そう思うと私の英語力も少しづつではあるけど、上達してるんだなあと感慨深く。しかし、それはそれとして、ここでは筆記でのコミュニケーションも拒否られるのでかなりつらい。つらい。きつい。

アクティビティは全部で何十時間ある中の70時間なのか確認したかったけど、上記の理由で諦め、3時間のアクティビティもいきなりフケて、自室で数学のテストに備える。ネットもプリンタもばっちり、マイクもカメラもおk、よし時間が許す限り復習しよう。そして試験開始の30分前。トイレに行ってデスク周りを片付けてよし準備万端、オンラインテストのページを開こうとしたら、あれれれれれ? おじさん、これインターネットにつながってないよ?

えっ

後20分で開始なんだけど?!

パソコンとプリンター

ケーブル挿し直したりパソコン再起動したりしても無理、とりあえず、これのためにわざわざプリンター買ったこと、回線が急につながらなくなったこと、ギリギリまで対応頑張ったことなどをまとめて、もし受けられなかったら別の日にチャンスを貰えるかどうかを書いたメールをデスクの写真とともに教授に送信してから、意を決してフロントに電話、「英語での案内が必要な方は8を押してください」とやたらハイテンションな兄ちゃんの録音音声にしたがって8を押したのに、転送された先でまたフランス語の録音音声。全部聞いたら後で英語がくるかなと待ってたらピープ音が鳴って切れた。

なんでやねえええええええええええええええええええええええええええええええん!!!

別の番号にかける。今度は英語で繋がった。部屋番号をと状況を告げると「ああ、あなたネット代払ってないからよ」――はあ? え? 初耳なんですけど??! 有料なんて聞いてないんですけどていうかさっきまで繋がってたんですけど、あと1分で私のテスト始まるんですけど、ねえ助けてドラえもん!!! 1時間のテスト終わったらすぐ払いに行くから今つなげてくれないかと懇願するもマニュアル対応で却下され、全力疾走で5分の本館まで坂を下り、汗だくで息を切らしながらフロントデスクに到着し、受付のお姉さんと雑談していたお客さんがいたんだけど、謝罪して話を遮り「ネットの料金支払いに来ました!!」支払いの手続きをしながら、なぜさっきまでは繋がっていたのかをハアハア言いながらも聞いてみたら、今日の18時まではお試しフリー期間だったらしい。なんなのマジでこの私の驚きのタイミングの悪さ。あと1時間でも早く切れていればテスト始まる前に対応できたのに! レシートを受け取って金額を確認すると60ドル。有線接続のみで。ケーブル借りたらプラス5ドル。「ケーブル持ってきてるんで!!」思いっきり断る。高え……ていうか誰もネットにお金払うなんて教えてくれなかったし、ウェルカムレターの類も全部読み返したけど「部屋にネットはあるが有線のみ」としか書いてない。そう書いてあったらケーブル持っていけばネット使えると思うがな。テストは回線が安定するから有線で、それ以外はモバイルルータでワイヤレス接続って考えてて、初日からどっちも普通に使えてたらなんの疑問も抱かんかったわ!!! 泣くわ。行きは下ったので帰りは当然上り。エレベーター待つ時間も惜しいので階段ダッシュして、自分の棟に着いた頃には、なんと過呼吸になってて、やばい、これは全力疾走のツケと精神的負荷によって起こっている。二酸化炭素吸わなければと手で口を覆う。なにこれもうほんとなにこれ。こんなの中学のバレー部でしごかれた時しかなったことないよ。もう勘弁してくださいよまじ。こんなんでテスト受けれんの俺。

18:45 部屋に着いて呼吸を整えながらオンラインテストのページを開く。何回やってもこれ。

エラーダイアログ

時間はどんどん過ぎていく。いやあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!! 中間テストは全体の評価の 30% あるのよ、落とすわけにはいかないのよおおおおおおおおおおおおおおおお

ちゃんと事前にチェックしてオールクリア貰ってたのよ。念のため Firefox, IE, Chrome 3つのブラウザで全部。なんでよなんでよなんでよおおおおおおおおおおおおおおおお

発狂しかけてたら “Need help?” ってボタンがあることに気づいてクリック。そしたらチャットできて、氏名と所属と受けるテストの種類、開始時間を告げたら私の Proctor に繋げてくれて、私のパソコンリモートコントロールして開始してくれた。始めるまでにここでまた1時間弱経過。もう意味わかんないったらわかんない!!

19:40 テストようやく開始。テストはこんな状況だった割にサラッと解けた気がしたんだけど、数学はいつもくだらない間違いをして予想を大幅に下回るので全然安心できない。変なテンションでいつもよりケアレスミスある気がする。見直しで4か所すげー頭悪い間違いしてたの直したけど、絶対ほかにもある。これA取らないと次のコース進めなくて卒業遅れる。

テスト終了後にアンケート書いてくれと頼まれたので、Proctor は超親切ですごく助けになってくれたけど、システムに問題があると思う。本番まで “Start Exam” をクリックしたら何が起こるか分かないのは不安過ぎる。本番前に本番を模したテストを受けられる仕組みを作ってほしい。などと長文を書いてきた。こんなことしている時間ないのに!

そしてそんなことよりも、こんなクソ長文に時間を費やしているほうがおかしいんだけど、どうしてもどこかに吐き出さなきゃ気が済まなくてやった。今は後悔している。テスト終わってすぐこの溢れ出る心情をたれ流そうとツイッター立ち上げたんだけど、プリンター買うところから始めたら物凄い連投になってすげえ迷惑だなとブログに切り替えた次第。そして文字数制限がなくなると際限なく書いてしまうっていうね?! ええ、今夜中の2時半になろうとしています。明日のフランス語の予習は全くしてません。あは、もう自分の間と運の悪さとアホさ加減にうんざり。推敲なしの殴り書きなので誤字脱字変な表現ご容赦ください。明日以降は穏やかにすごせますように。。

十数年ぶりに過呼吸になった話を聞いてくれ。」への1件のフィードバック

  1. 元大家

    相変わらず、“鈍臭い”日々を送ってるなあ。asuka
    らしいけど。めげずに頑張れ!

    おらっちは、谷4から森ノ宮に転勤になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください