auにスマートフォンキター!

ついに念願のau向けスマートフォンの詳細が明らかに、週内にも正式発表へ – GIGAZINE

au Touch Pro

HTC から Touch Pro!!!

人柱確定ですが、、今ほんとに発売の正式発表を
切望しているのは Willcom WP015 なんだなぁ。
書きかけで長いこと下書きに入れたまんまなので
ついでだからこの記事にくっつけて出すことにします。

Willcom WP015

WP015、ある種の人たちには最高のコンセプトなんですよ。

画面を開けると同時に作業でき、
ブラインドタッチも可能なキーボードを搭載。
議事録作成や、取材メモも即座に作業開始。
単三電池3本で稼動し、
Eメールの作成、送受信に特化したSIMSTYLE。

「Eメールマシン」(WP015)は、メールの送受信に特化したノートPC「Eメールマシン」。最低限のスペックに押さえ軽量化やコストダウンを狙うため、Webブラウザすら搭載していない。重さは400g程度で、インターフェイスはUSBやminiSD、赤外線を用意する。電源は単三電池3本で、カラー表示の場合は約7時間、モノクロだと14時間~21時間も駆動する。OSにはカスタマイズをしたLinuxを採用しているため、搭載しているストレージは64Mバイトのフラッシュメモリと非常に小さい。かな漢字変換ソフトだが、WnnやATOKなどを元に、携帯電話の予測変換のような機能を搭載することを検討している。製品化は未定だが、価格は3~4万円を目標にしているという。

1999 年からこういうものを追い求め続けてて、
やっと理想の人に出会えたと喜んだのもつかの間、、
製品化未定……。

くまふぉんは発売決定っぽいのに……。

くまふぉん

KX-FD830(POCKET・E)を使ってた頃が懐かしい。
酔っ払ってカバンごとどこかに失くしましたが。
シグマリオンは欲しかったけど、金がなくて時期を
逃してしまい、以後の CE 機も購入には至らず。
WP015 は出たら絶対買う。

譲れない仕様は
・単三電池
・開けてすぐ使える
・USB ホスト機能または CF or SD カードスロット
・QWERTY 配列のタッチタイプ可能なキーボード

入ってたらいいなは ATOK と辞書機能くらいか。
カラー液晶とかブラウザとかワンセグとか
カメラとか Office ビューワなんてものは
イラネーからハードもソフトもできるだけ軽く!
これでお願いします! Willcom 様!

【 関連リンク 】
Willcom WP015に期待する
【WILLCOM FORUM & EXPO 2008 Vol.3】W-SIMで現行PHSも進化を遂げる:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2008/05/29
ウィルコムの未来は見えたか?「WILLCOM FORUM & EXPO 2008」詳細リポート – 日経トレンディネット
YouTube – 思わずほしいと思ったEメールマシン「WP015」
PDA歴史資料館

auにスマートフォンキター!」への2件のフィードバック

  1. 情報早いねー

    こうなってくると、ますますWiMAXが楽しみ

    そして電池ね電池!
    人類みなエネループか?

    しかし、社長若いねー

  2. かいね

    通信速度も速いに越したことはないんですけど、
    私が欲しいのは乾電池駆動のコンパクトなテキストマシンなんだ。
    外部メモリに保存できればもう言うことない(ノД`)

    パナループでもいいんやけど、エネループの見た目が
    好きでついそっち買っちゃうのねぇ。

    で、
    この記事うpした後で出た情報によると、TouchPro が
    au から出るのは来春だと。 遅ぇ……遅すぎる!!!
    ソフトバンクが秋冬モデルで出しちゃうよ!
    日本の企業は発表即発売なジョブズたんを見習うがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。