愛してるランド

評価:

バンダイビジュアル
(2000-08-25)

あまり恋愛モノを好んで観ないので、タイトルに「恋」とか
「愛」だとか入ってるだけで敬遠してしまいがちなんですが、
舞台が沖縄だから、つまらんくても沖縄の映像ビデオとして
母上にあげられるし、アシュレイ・マックアイザック
観たかったので、スカパーでやってたのを録画してたんね。

それを先日観たんですが、えかったわー。

微妙にネタバレ含んでるので以下続く


ああ、沖縄人がいっぱいいるわって思った。
そしてうちの母上は間違いなく沖縄人だと思ったw

ナビィ(おばあ)とサンラーのソレはタイトル通り「恋」
ナビィみたいな人は身内で見慣れてるので(´□`;)
結果は見えていたけど、すべてを受け容れ、包み込み、
見守る恵達(おじい)の「愛」にやられてしまった。

恵達役の登川誠仁さんは俳優ではない。
沖縄民謡の唄い手であり、三線の名手。
早弾きが得意で“沖縄のジミヘン”の異名をとるw

演技は素人なんやろうけど、上手いか下手かなんて
超越してカッコイイ、ひたすらカッコイイ。
人生にじみ出てる。

風が止んだ日。

「今日のランチはナナコに届けさせなさい」

豪華なお弁当。
ツマミ食いしようとするフクノスケの手を叩いて

「これは俺んだ」

「ベリーベリーハッピー」

甘酸っぱかったり、激しかったりするのは
観ててどんどんテンション下がるんやけど、
こういう熟成された「愛」にはやられるなぁ。

* * *

ナナコが○○とくっついた経緯が判らんって向きが多いけど、
ナナコもナビィの血を引いてるからさーというメタファーやろ。
実際、フィーリングとタイミングで決断しちゃうからさ、
あっちの人たちは。 なんくるないさー。

んで、音楽が想像以上によかった!
アシュレイ、チラっと出るだけかと思いきや、
結構いっぱい弾いてるじゃないかー!
タップも披露してるし、日本語の台詞まであるw
私、アシュレイのフィドルほんと好きだわ(ノД`)
そんなにフィドラー知ってるわけではないけど、
一番好きかもしらん。

YouTube – Ashley MacIsaac – Rusty D-con-STRUCK-tion
YouTube – Ashley MacIsaac fiddlin’
YouTube – Fiddle Medley, Ashley MacIsaac and Friends
YouTube – Ashley MacIsaac & Buddy MacMaster opening for White Stripes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください