すごいよ!!なっちゃん

セロリを大量に仕入れてきたので、
大好きなミネストローネを作るぜって切ってたんだけど、
ふとピクルスが食べたいなと思って。
1/3 くらい残したんだわ。

どうせ作るならってキュウリとニンジンも出してきて。
スティック状に切って浸けて冷蔵庫で寝かせてたんですよ。

ある日の帰り道。
なっちゃんからメール。

「ごはん作ったよ」

早く帰ってきたり、休みの日は時々何か作ってくれる。
カレー率が異常に高い。

「ただいま、なに作ったん?」
「カレー食べたくて早く帰ってきてん」
「(やっぱりか)ふーん」
「鶏のスープカレーやで(・∀・)」

冷蔵庫を開けるとピクルスがない。

「あれ、ジップロックに入れてた野菜は?」

「ああ、カレーに入れた

「え」

鍋のふたを開ける。

「え」
「え」
「あれ漬物やで」
「え」
「ていうかさ、明らかに何かしてる感じやったやろ?」
「いや、長いこと忘れてるなー使わななーと思って」
「普通、確認してから使うやろー!」
「知らんがな、書いとけよー!」
「ていうセロリとニンジンはともかく、キュウリをカレーに入れるか?!」
「入れるよ!」
「適当なこと言うなー!!1」

弟帰宅。
私がぶちぶち文句を言ってるのが気に食わないのか
弟に同意を求めるなっちゃん。

「書いといてくれんと分からんやんなぁ?」

「いや、すでに漬物なってたやん」

「( ´・ω・`)……」

ほらみろおおお別に説明してなくても分かってるやんけ。
普通の人には分かるんだよ。

「まぁ、いいけどさ……」

絶対野菜切るのめんどくさかっただけやわ。



* * *

また別の日。

洗面所からなっちゃんの声。

「かいねー、ドライヤーどこー?」
「んーそこになかったら弟が持って行ってるんやろ」
「えー」

なっちゃん登場。

「え」

私の視線に気付いたのか手元を見るなっちゃん。

しばらく凹んでた。

* * *

また別の日ってか毎回。

うちの近所に結婚式場があってさ、
土日はよく祝福の鐘がなってんのよ。

あれ聞こえる度にな、
野口さんばりの含み笑いをしつつ

野口さん

「破滅への第一歩……ククク……」

とかつぶやくのやめて。
ほんとにやめて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。